保護者失格。一線を越えた夜電子コミック・電子書籍・漫画8話ネタバレ・あらすじ・ストーリーを紹介します!

 

 

保護者失格 8話 吉村のキス

 

 

同じベッドで一緒に眠るちづると叔父さんは昔話の続きをしていた。

 

 

 

両親を亡くして悲しみに暮れていたちづるの傍にいて勇気づけてくれた事で

 

 

 

叔父さんの事を特別な目で見るようになったことを伝えたのでした。

 

 

 

次の日になり、学校にいったちづるは吉村くんに呼び止められます。

 

 

 

突然、「瀬名は好きな人はいるの?」と吉村くんから聞かれます。

 

 

 

答えに戸惑っていると、いきなり告白されてしまいます。

 

 

 

そして突然キスまでされてしまったのでした・・・

 

 

 

家に帰ったちづるは一人暗い部屋に閉じこもってしまった。

 

 

 

その異変に気が付いた叔父さんがちづるに理由を聞いてみると・・・



★保護者失格ダウンロードはこちら★